Can Love Dolls Wear High Heels?

トゥルーラブドールはハイヒールを履くことができますか?

多くのダッチワイフの所有者は、人形sanhui dollがハイヒールを履くことができるかどうか尋ねます。答えはイエスです。リアルなラブドールは、フラットシューズやハイヒールなど、あらゆるタイプの靴を履くことができます。ただし、立ち足のある人形でもハイヒールで立つことはできませんのでご注意ください。

立ったままハイヒールを履くと、人形の足の裏に不均一なストレスがかかり、すべての体重がつま先に引っ張られ、最終的につま先が押しつぶされて変形します。したがって、人形が座っているときや横になっているときは、ハイヒールを履くことをお勧めします。

ノート:

1.人形にハイヒールを長時間履かせないでください。足と足首がしわになります。
2.靴を脱いだ後、人形のつま先がくっついている場合は、足にベビーパウダーをふりかけてください。
3.先のとがった靴は、つま先を一緒に絞ることができ、微乳ラブドールの足を簡単に変形させる可能性があるため、お勧めしません。
4.シルクのストッキングとベビーパウダーは、靴の着脱を容易にします。

ミシン目は、体のさまざまな部分を鋼の金属リングや小さな物体で飾る行為です。さまざまなスタイルの美しさを表現し、身体を通して表現するための道具です。さらに、ピアスは制御不能な性的欲求につながる可能性があり、これは特にダッチワイフで顕著です。

TPEのダッチワイフは、人間と同じリアルタッチの肌をしており、ピアスに非常に適しています。多くの人形の人々は彼らの人形のためにイヤリング、へそピアス、そして乳首ピアスさえ作るでしょう!あなたの愛の人形がセクシーなへそピアスだと想像してみてください!ワクワクしますか?

それ以上の苦労なしに、100cmラブドールピアスを始めましょう!

ダッチワイフピアスの準備:

小さなネイルツール(ペーパークリップまたは長いミシン針)、イヤリングのペア(または他のピアス)

ピアスの針の幅がイヤリングと同じ(または少し細い)であることを確認してください。

ステップ1:穴を開けたい場所を見つけます。ここで例として耳を取り上げます。非対称性を防ぐために、ピアスする領域にマークを付けます。

ステップ2:イヤリングの固定ボールを緩めます。

ステップ3:針の先端をマークに合わせ、穴が開くまで耳を強く突いてから、針を穴に残します。

ステップ4:イヤリングを針の端に合わせ、針を取り出し、イヤリングを穴に挿入します。

注:TPEは非常に密度が高く厚い材料です。したがって、上記の手順に従ってください。そうしないと、針を抜いた後に穴が見つかりません。そうすると、イヤリングを穴に入れることができなくなります。

ステップ5:イヤリングが所定の位置にあるとき、固定ボールを元に戻します。

一般的に、40歳以上の顧客はシリコーンのラブドール 安いを購入することを好みます。 ダッチワイフの膣と肛門の穴は正しく構築されています。 ダッチワイフのユーザーは人形を楽しむことができます。 ますます多くの人々が性欲を高め、性欲を高め、陰茎を拡大するためにダッチワイフを使用しています。 ダッチワイフの購入者は人形を受け入れて遊ぶことができ、彼らは間違いなく彼らの性生活に楽しみを加えることができます。 実際には、ダッチワイフは手頃な価格で入手できます。 製品の価格と機能については、オンラインで検索してください。

あなたが最高品質のダッチワイフを探しているなら、あなたはたくさんのダッチワイフをチェックするべきです。 私たちの人形は、人形の胸のブランド、価格、サイズによって分類されています。 BDSMのライフスタイルに惹かれる人は、リアルなダッチワイフを使ってBDSMを楽しむことができます。 人形の手首と脚をロープで結ぶことで、拘束された雰囲気を作り出すことができます。

ダッチワイフの使い方を知っている

製品をまだ購入していない場合は、今すぐ注文してください。 lovemodel.jpでは、ダッチワイフの正しい使い方の詳細をすべて入手できます。 トルソーラブドールについてわからない場合は、オンラインで詳細をお読みください。 ダッチワイフを使用すると、性的欲求を満たすだけでなく、社会全体にとっても安全です。 私たちは世界中に送料無料サービスを提供しています、今すぐ購入!

http://lovemodel.free-blog.net/fall-in-love-with-dutch-wife

https://lovemodel.exblog.jp/28919095/

Posted in Default Category on October 14 at 05:50 PM

Comments (0)

No login